インプットを増やしましょう~裏声①~

 

みなさん、こんにちは!
新宿・千歳烏山のボイストレーニング教室Kayoko Voice LabのKayokoです。

 

歌が上手くなるには、
「メンタルコンセプトだ~」
「インプットを増やすことだ~」
とどこかで書いたような気がしますが、
何聞いたらいいのさ?と悩まれている方もいるかと思いますので、
トレーニングに役立ちそうな楽曲をこれから挙げていこうかなと思います。

逆にこの曲はどうですか??というのがあったら、ぜひご連絡ください!!

 

さて、
ボイストレーニング、つまり「声を育てる」にあたって「聴く」ということはめちゃくちゃ大事です。

「聞く」
ではなく、
「聴く」
です!!

「聴く」には、
1. 心を落ち着け注意して耳に入れる。
2. 自らきく気になって、念を入れて詳しくきく

という意味があるようです。「傾聴」という言葉を思い浮かべればなんとなくニュアンスが伝わりますでしょうか。
ぜひ、参考音源を下にあげますので、そちら「聴いて」マネしてみてください。

 

  参考音源 ~裏声①~  
■ King Gnu 『 白日 』

 

この曲は有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、こちら裏声の純粋さ(ワイルドエアー)からアンザッツ4番的なところのイメージをするのによい曲かと思います。
厳密に言うとアンザッツ4番はもう少し喉頭が低いのですが、声のベースとなる「裏声の純粋さ・軽さ」のインプットには役立つと思います。

歌えますか?
そもそも音が高いですね~。女性でももしかしたらこの声質のニュアンスに近づけて歌うことは難しいかもしれません。
なんと、ボーカルのお二人は東京藝術大学出身とのこと~。
それはよいとして、こちらは裏声のイメージを持つのにも練習・課題曲としてもいいんじゃないかなと思います。

始まりはかなりエアリーな裏声ですね。
息がもたない~!!っていう人もいるかと思います。
必ずしもカスカスな裏声で歌う必要はないですが、高音を小さい声でかつエアリーに(声帯開けて)歌うのはけっこう高等技術でございます。
このグループはボーカルが2名なので、ひとりは裏声・ハイトーン系、もうひとりはラップ・地声系なので、地声裏声くるくる変えないといけないし、これを一人で一曲やりきれたらかなりのものだと思いますよ!

初めは歌詞で歌わなくていいと思います。母音ひとつでやってみてください。
子音いれるといろいろ自己判断が難しくなると思いますので。
あと、曲で練習するときは、あまり感情を入れすぎない方がいいかなと思います。
パフォーマンスやボーカルトレーニングだったら感情ガンガンいれてくださっていいのですが、ボイトレを曲でやるときはいかに自分の身体・喉頭の変化を感じられるか、が大事だと思います。

あれ、インプットの話をしていたのに歌う話にシフトしてしまっている。

とりあえず、聴きこんでみてください~!!!!

 

体験レッスン実施中!!

フースラーメソッドを基盤とした、科学的根拠のあるボイストレーニングを行なっております。声を良くしたい方、歌声に悩みのある方、ボイトレ迷子の方、どなた様もお気軽にお越しください!!(※体験レッスン料は、「レッスンについて」をご覧ください。)